常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

名探偵コナン純黒の悪夢(ネタバレ感想)/良作すぎた

名探偵コナン 純黒の悪夢 見てきました!

ネタバレ含みます、ご注意ください^^

 

コナン大好きです。

嫌いな人おらんのちゃうかな、と。

特にわたしの年代は。

 

コナンと共に成長してきて、気づけば新一の

年齢を超えてしまったというね(´_ゝ`)

 

昔は「高校2年生、17歳ってすごい大人」と思ったけど

いやいやいやいや、まだまだ子供と今は思う。

 

好きなアニメキャラの年齢を超えるって悲しいですね。

でも、そういうときは「中身の人は自分より年上だから」と

自分を慰めています。

 

そのうち、自分よりの年下の声優さんが演じるアニメも

出てくることになるんだろうなぁ(遠い目)

移り変わりの激しい世界ですねからね....。

 

はい、話めっちゃ逸れた。

本題に戻ります。

 

f:id:so0670ep:20160523162019p:plain

 

わたしね、あんまり黒の組織 詳しくないんですよ。

ファンを語っておきながらこの有様(;^ω^)

 

いやー、なんかぼんやりは分かるんですけど。

途中でコナンから離れた時期もあったので

(映画は割と全作 見てるつもりですけど映画はあんまり

核心に迫った話しないじゃないですか)

 

スナイパーの2人(キャンティとコルン)がいつアニメに

登場したのとかあんまり把握してません。ベルモット

新一がコナンなのは分かってるけど哀ちゃんの正体について

知ってるかどうかとかも詳しいこと分かりません。

 

よくファンとか言えたな(´゚д゚`)

いつも核心に迫らない話を見て「コナンくんかっこいー」って

言ってるミーハー野郎です。こんなにふわふわしてても

楽しめるコナンの偉大さよ。

 

でもそんな心配もすぐに吹き飛びました。

コナンくんが今までのあらすじを本編始まる前にめっちゃ

簡潔に説明してくれる。あ、有り難い...(´Д⊂ヽ

 

でも、味方側の関係性も難しいんですよね。

例えば、安室さんは公安だけど目暮警部とかとは

また違った警察組織とか。CIAもなに?って感じ。

ちゃんと調べたら分かるんだろうけど(^_^;)

 

まぁまぁ、こんな感じでも映画 楽しめますよ、とお伝えしたい。

今回の映画の認識としては「黒の組織についての話、珍しく予告で

コナンが『蘭!!!』って叫んでない映画」程度でした。

 

結果から言うと、ラムについて核心に迫るのか?と思われた今回の

映画は結局ラムの側近キュラソー(映画オリジナルキャラ)についての

話でしたっていうオチでした。まぁ、映画ではやらないよね知ってた。

 

あともうちょい脱線すると、

映画館行くと毎度毎度 小さなお子様がいらっしゃるけど

ちゃんと理解して見てるのかなと思う。まぁね、毎度

人間離れしたアクションシーンがあるから楽しいのかな。

 

今回も前作から引き続き「謎解き」要素は少なかったです。

前作は完全にキッドを愛でる映画だと思ってます。

 

んで、今回のゲスト声優の天海祐希さん。すごいいい仕事してました。

映画終わったら絶対にみんなキュラソー大好きって言うと思う。

 

まずどこで1番 好きってなったかというと、記憶喪失してて記憶が

戻ったときベルモットと電話した観覧車のシーンね。ここでは

観客(わたしたち)は記憶が戻ったキュラソー黒の組織に戻るのかと思って

警戒してたんですけど、普通にコナンたちを守るために嘘をついたっていう。

 

キュラソーが弾丸のおとりを自ら進んで選んだところや

観覧車を止めるためにお腹にパイプが刺さってても頑張ったところ

「もう普通にキュラソー大好き」ってなったし感動した。

 

映画オリジナルキャラだから映画の中で殺しておかないと後々の

アニメ放映に影響が出るっていう大人(制作側)の都合で

殺されちゃったけど本当にキュラソー好きいいいいいいいい(T_T)

 

あとは、ツッコみどころ満載でしたね(;^ω^)

観覧車の上で戦う必要ある?あれ現実だったら吹き飛ばされてるし

会話も普通に成立されてないよね。ていうか安室さん赤井さんに

命助けてもらったのにしつこくない?コナンくんめっちゃ焦ってたのを

知ってた我々(観客)としては苛立ちを隠せませんでしたね。

 

でも、安室さん映画冒頭で紹介されてたときから「かっこいい」って

なったし本編で公安として指示を出したりスーツ着たりベルモット

揺さぶりに動じないところとかジンにとらわれたりしてたところ

全てが素敵でした。安室さんかっこいい。

 

あと、友達とめっちゃ笑ったのが博士がハト使いになってたところ。

映画見た人には分かると思うけどすんごい面白かった。

あと年を追うごとに少年探偵団の博士に対する扱いがひどい笑

やめてあげて、もっと優しくしたって。

 

光彦くんが用途に合わせて高木刑事や園子を使い分けてるところ

すごいしたたかさを感じました笑

キュラソーが倒れたときも冷静にメモり始めるし。

ほんとよくできた子やな。元太のアホさが癒しです。

 

あと、毎度ながらコナンと哀ちゃんの夫婦っぷりが最高でした。

林原さんも言ってたけどわたしもコナンと新一は違うものだと

思います。新一は蘭でいいから、コナンは哀ちゃんとくっついて

ほしい。ほんとなんだよあの安定感。

 

でも、中の人たちがめっちゃ仲良いの知ってるし、15周年のときの

コナンラジオでも高山さんが哀ちゃんのボイスメッセージを

ダウンロードしちゃったりとかとかいうエピソード知ってるので、

アニメや映画でコナンが蘭ちゃんを考えてるシーンでも

「はいはい、本命は哀ちゃんでしょ」と歪んだ見方をしています。

 

まぁでも、苦言を言うと、

 

今回、映画が犯人探しみたいな内容ではなかったからあれだったけど

コナンの映画はそろそろゲスト声優を犯人とか主要人物にすんの

やめたほうがいいと思うよ(;^ω^)もう誰が犯人か分かるねんて。

業火の向日葵とかほんまにひどかったと思う。あれキッド出てなかったら

なんも面白くなかった。

 

次回は平次ですね!今回では登場すらしなかったけど、いつも

映画でコナンの使い走りばっかり(電話での登場率が異常)なので

すごい楽しみです。迷宮の十字路、大好き。

 

◯追記

 

こちらの動画で黒の組織の今までの歴史が紹介されてました。

 


名偵探柯南純黑的惡夢M20特典