常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

単位と奨学金を諦めました

前向きな記事です。

 

私の大学には英語と日本語でそれぞれ同じ授業が開講されています。

どちらを取るかは私たちに任せられていて仮に日本語だけでの授業を

取ったとしても誰かに何かを責められるわけではありません。

 

でも、奨学金を貰うためにはある程度の成績が必要なため、

英語がクソのように出来ない私にとって無難に日本語の授業を

取ることが最善策だって思いました。最初はね。

 

でもさ、思ったんだよね。

奨学金の為に単位取りにここに来たのか?って。

 

答えはNOです。

私はここに英語が聞けて喋れるようになる為に来ました。

だから単位の為に授業を取るなんて本末転倒すぎる。

 

他でもない自分の為に頑張ろうと思います。

目が覚めた気がする、どっかで弱気になってたと思った。

挑戦し続けたいと思います。

 

私は英語でコミュニケーションがとれるようになる。