常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

些細すぎる幸せをかみしめる

毎度のことながら、

また自分の気持ちが訳分からなくなっています。

 

まあ、大前提として

「惚れっぽい」「常に誰か好きな人がいないとだめ」

っていうグズグズな体質なんですけど、

こういう体質だと最終的に行きつくのが

 

「その人が本当に好きなのか?」

「好きな感情を出している自分がキモイ」

「ていうか、友達でいいやん」

 

の3本立てです。

あああああああああああ(´゚д゚`)

 

彼の周りに可愛い女の子多すぎる。

そしてツーショットとか普通にある。

(特定ではなく不特定多数だけど)

 

あと、彼はゲイの疑いもあるんですけど

(ちなみに腐女子なのでこの件に関しての

偏見は1mmもないと断言できる)

 

その相手の男の子の写真が圧倒的に多くてびびる。

普通に負けとるやないかい。

 

んー、今日の授業終わり話すことはできました。

彼が教室を出るタイミングを見計らってわたしも出て

偶然を演出しました。

 

そのあと、メッセージでも話してたけど

別になんてことない業務連絡に近い感じです。

貸していたもの返してほしい、みたいな。

 

ただ、嬉しかったのは

わたしが「期末テスト終わったあと、忙しい?」

って聞いたときに、

 

(このあと「貸していたやつを返して」って

続けようと思ったけど、敢えて要件は送らなかった。

単に「忙しい?」っていう質問に「忙しい」って

言われたら冷めると思ったから)

 

バイトを2つ掛け持ちしていて、毎日バイトがあって

忙しいよ。でも、暇な時間あるよ」って返ってきた。

 

些細なことなの知ってます。

でも嬉しかったです、ちょっと。

 

その後、要件言ってバイトのシフト出たらまた教えてって

言って終わりました。

 

彼と話すときは日本語なんですけど、彼もそこまで上手いわけでは

ないので、上手に意思疎通ができないのがたまに苛立ちます。

 

それは決して彼が日本語が下手という点ではなく、

彼の母語はおろか英語もろくに喋れない自分への苛立ちです。

 

英語で会話したらまたなんかちゃうのかな。

でも、メッセージも会話も向こうが日本語を使うから

それを遮ってまで英語を使おうってなれへんねんな...。