読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

ウザいオッサンとか老害なだけだし、早く死ねばいんじゃね?

日記 将来 学校生活

40代から50代くらいにかけてのオッサンのウザさ異常すぎひん?なんであんな上から目線でこっちを馬鹿にするような言い方しか出来ひんかな?まじで気分害した。慰謝料を請求したいレベル。今年の春に短期でやってた不動産のバイトの店長もきっとその年齢やろうな。あー、ほんま無理やしガチできしょい。年だけ食って偉そうにしか出来ないのほんまに最低やと思う。今はお前らの方が偉そうにしてるけど、あと数十年後には私ら世代から社会的にお前らは世話になるしかないやんけ。そうなったとき、ほんま老害とか嫌われるだけやからな。周りの人らに嫌われて終わる人生乙やな。ほんまにうっざい。1回死んでもうそのまま生き返ってくんなや。

 

ふー(;^ω^)

 

これを教授の目の前で言ってやりたかったです。名前や学籍番号とか個人情報が特定されてない場所で会ってたらガン飛ばして舌打ちくらいほんまやってたと思う。

 

まず、アポイントとって「教授のゼミについて興味があるので~」って趣旨の内容で会ってきたわけやけど何でもかんでも「シラバス確認しろ、去年の資料を参考にしろ」ってお前の口から聞きたかったからわざわざ会いに行ったったんやろうが。

 

結局、資料以上の内容分からへんし完全にお前の都合のいい日程に合わせたったのに「早く帰れモード」が凄まじい。少し悩んでみせるそぶりとかしたら「ここで悩んでも仕方ないよねw」ってお前の意見が欲しかったんじゃ。ていうか、興味段階でそこまでお前のゼミについて色々と勉強してへんわ。

 

1番ムカついたんは、その教授の専門分野が実家の仕事(伝統産業)に関係あることやって「このゼミに興味あります」って言って、その実家の仕事が伝統産業のどの種類かを教授が「なんですか?」って聞いたから答えただけやのに、いきなりその伝統産業に関する知識を聞いてきて曖昧にしか答えられへんかったら「そんなんも知らないの?それで後継者とか笑うw」みたいな言い方されたこと。

 

ほんで、「教授のゼミにはやはり伝統産業に興味ある子が多いんですか?」って聞いたら「そこまで深く興味ある子はいない」みたいな言い方したから「それは残念です」って答えたら「でも、興味ない子でもあなたみたいに伝統産業の後継者でも知識がない子がいるんだから一緒でしょ」って言われた。

 

はい、もう死ねや。

 

もう色々と悔しかった。確かに実家の伝統産業についてまだまだ詳しくない。でも、小さい頃から少なくともその伝統産業に触れてきた私と興味なくフラフラお前のゼミに入ってくる学生が一緒ってなに?そんなわけないやろ。本気度が違う。絶対このゼミに入ったら熱量の差で私が浮く。ただでさえ、マジメな性格のせいでグループワークとか普段から自然とリーダーにまつりあげられとんのに。活動頻度も少なくて個人特化型のゼミってとこも私の理想とは違うし絶対に入らへんと思う。

 

なにより、教授。お前の性格が最悪すぎ。

 

ナシって分かったことが収穫やった。今後、こっちの大学に戻ってきてもお前の授業は取らへん。2度と会いたくもない。