常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

女子大生セクハラされるの巻(ついでに痴漢された話も)

久々のバイト疲れました。先日の記事でも軽く触れましたが、最初のバイトはホテルの派遣でした。同世代の友達がいなくて、フリーターの嫌味な人たちに囲まれて辛かった記憶しかありません。今回、引き受けたのは本当に気まぐれ。日給が良いのと久しぶりに働きたいという気持ちが上手く合った感じ。

 

隣の県まで送迎の車が朝早くに来て約2時間半近くかけて目的のホテルに到着。お局みたいな人にシャンパンの入れ方を数分間で教え込まれ、ろくな説明もないまま式が開場。しかも初めての人が大半くらい。こんなスタッフに囲まれて結婚式すんのマジで乙だなと思った。

 

今回のバイトが良かったのは、とにかく待遇がいい。寮の前まで送迎があるし朝昼晩きっちり出してくれるし必要なもの全部レンタルさせてくれた。お局(この人は厳しいながらも優しい人だった)を除くと同世代ばっかりだったのもすごく嬉しかった。舌打ちされることなく手順を教えてくれるなんて天使かな?(´゚д゚`)あと、女の子は(私も含め)ほとんどが派遣なんですけど、ホテルに雇われている黒服の男の子がイケメン揃いだった。

 

行きの車中で「派遣は黒服に質問しちゃだめ。ホテルからうちの(派遣)会社にクレーム来るから。今回も皆は初めてだけど『3回目くらいです』って嘘ついてよ」とか言われてたから、黒服オッサンばっかかな?と思ったけどそんなことなかった。イケメンと働けて幸せでした(脳内ふわふわお花畑)

 

じゃあ、なにが悪かったかというとタイトルに戻るんですが客層の悪さ。担当したテーブルが新郎の取引先のお偉いさんばっか(ド新人に上座を任せんのかよ)だったんですけど、とりあえずセクハラがひどい。

 

最初は「かわいいね」「名前は?」「いくつ?」「電話番号は?」とかいろいろ聞かれるだけで笑ってかわしてました。相手はオッサンだけど「かわいい」って言われること自体は嬉しいしこれくらいは何でもないんですけど、式も終盤に差し掛かったころにワイングラスを注文されて届けたときに、「このグラスにキスしてよ」と言われる。

ドン引き(´゚д゚`)

 

慌てて逃げたし、顔もだいぶ引きつってたと思う。やばいのは周囲に止める人がいない。特に私のテーブルはオッサンしかいなかったのでみんなニヤニヤして見てる。これはさすがに最悪だなって思った。でも、さらに上回る出来事が...。

 

コーヒーをついでるときに手が伸びてきて「お尻、触ってもいいかな?」と聞かれる。

いいわけねぇだろ、ふざけんな殺すぞ。

 

自分のケツは守りましたが笑顔は限界でした。結婚式だぞ、ここ。キャバクラじゃねーんだよ。新婦が感動的な手紙を読んでいるときも立ち上がって談笑してるしマジでこれだからオッサン嫌いなんだよ。

so0670ep.hatenablog.com

 

まあね、今さらケツなんてどうでもいいんですよ。散々クラブ行って無料で胸やら尻やら揉まれてるし、なんなら股間押し付けられたリされてる貞操観念能力低い処女なんで。

 

ついでに痴漢された話を書いておくと、電車に座って寝てたとき(シートが縦向きのやつ。特急とかのタイプ)隣にオッサン座ってきて「座ってきたな」と半分寝ながら思っているとなんか様子がおかしい。明らかに相手の足が私の足に当たってきてる。呼吸おかしいし。そしたら触ってるか触ってないかの微妙なラインで私の脇腹を撫でまわし始めた。

いや、微妙かよ。脇腹て!根性なしかよ!!笑

 

これは逆にウケた。もうしばらく放っておいたらエスカレートしてくるかなって寝たふりしたかったんだけど降りる駅だったのでわざとらしく欠伸をするふりをして起きたら慌ててどっか消えた。そんとき電車ガラガラで私の隣に座る必要性皆無だったから痴漢だったんだなと思った。

 

だから、ケツごときどーだっていいんですよ。これが黒服男子とかだったら余裕で差し出してた。何が言いたいかというとオッサン滅べ。あと、ホテルのバックヤードの独特なにおいについて語り合いたい。