読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

購入品紹介と忘れられない先輩

明日はいよいよ成人式です。成人式は午前と午後の部があって、私は午前中に前撮りをするので午後に参加予定です。その後は中学校の同窓会があります。明日の前撮りに備えて人生初のネイルをしました。

f:id:so0670ep:20170108235052j:plain

 

シンプルなピンクのグラデーションにしてもらいました。私は爪を噛む癖が物心ついたときからあって、いつも深爪状態で汚い指先でした。こんなに人工とはいえキレイに爪があるのは本当に生まれて初めてなんじゃないかな、すごいテンションあがります。スカルプで長さを出してもらっていますが、めちゃくちゃ長いわけではありません。でも、普段は爪がない私にとってはお菓子の袋を開けるのも一苦労...。コンタクトレンズも注意しながら外しています。PCをタイプするのも爪が邪魔です。

 

ネイルって外すのもお金がいるので維持しようとしたら大変ですね。しかもこれ1ヵ月くらいしか持たないし。でもこれで噛み癖がなくなるのであればスカルプじゃなくても続けたいなあという気持ちはあります。指先はきれいなほうがいいもんね。夏になってサンダルを履くようになったらフットネイルもしてみたいです。またお金かかるものにハマってしまいそうだ(;^ω^)

 

今日はネイルサロンに行ってから「540円で前髪カットします」という看板を見つけて予約なしで新しい美容院に行きました。そしたらすっごい雰囲気のいいオシャレなところで、値段もめちゃくちゃ高いわけじゃないし、スタッフさんもすごい感じの良い人ばかりの素敵なところでした。たまたま入ったところがこんなに良いところだとは...と感激してしまいました。以前こんな記事をあげましたが、今度からここの美容院の常連なりたいと思います。

so0670ep.hatenablog.com

 

眉毛カットもしてもらって、眉毛だけ石原さとみになりました。あと、千円ちょっとの良いヘアオイルを教えてもらって購入してしまいました。写真左上の緑のボトルです。匂いもすごい良くて、ヘアドライ前はもちろん気になったらつけていいとのことです。しばらく使ってみようと思います。

f:id:so0670ep:20170109000347j:plain

 

あとは薬局をハシゴして、大学寮にいてYouTube見てて欲しくなったものとか、足りない化粧品を購入しました。購入品は以下の通りです。

 

  • 蒸気でホットアイマスク(完熟ゆず)
  • やわらか歯間ブラシ
  • CEZANNE 皮脂・テカリ防止下地
  • KATE デザイニングアイブロウ、ダブルラインフェイカー
  • CANMAKE マシュマロフィニッシュパウダー、 カラーミキシングコンシーラー、ハイライトブラシ

 

でも、まだ欲しいものがあって、それは寮帰る前日の10日に買い揃えたいと思ってます。リンメルのリップコートと無印の青のカラーコントローラーとインヒールスリッポンと半紙と墨汁は絶対に購入したい。本当は両親の成人式のプレゼントとして花とかメッセージカードを買うつもりでしたが、買い物の途中で外食するから帰ってこいと言われ、中断せざるを得ませんでした。それも帰る前に買いたいです。あとはカルディでお菓子も欲しい...。

 

この購入品紹介が需要あるかは謎ですが、私は人の買ったものを見るのが好きなので載せておきます。あと、後で自分の過去購入品を見て「こんなん買ってたな」と振り返るのも好きです。春休みに暇になったら、よく使う化粧品の紹介もしたいです。

 

さて、2つ目の話題の忘れられないの先輩の話ですが、以前スタバに先輩Aと行った話をしました。忘れられない先輩とはその先輩Aの友達のBさんです。時系列的にはBさんのほうが私の人生史において先に登場する人ですが、このブログではAさんがよく登場してたのでこのまま話を続けます。

 

Bさんと初めて会ったのは高校2年生の春です。このとき、私は大学受験を決めて大手予備校に入塾しました。同じく、Bさんはその予備校のチューターとしてバイトを始めたころでした。担当チューターではなかったですが、私の「卑弥呼は近畿か九州出身のどっちか」という受験にはあまり重要ではなかったことも(曖昧で諸説あるから)真剣に答えようとしてくれたのが印象的でした。そのときは、変な関西弁を話すちょっと怖い見た目の人としか思っていませんでした。

 

高校3年生に進級するとともに、担当チューターの変更があって、Bさんが担当になりました。すごい嬉しかったのを覚えています。担当チューターの発表が4月半ばくらいだったと思うんですが、その前から始まっていた授業の前説みたいなチューターをBさんがしていて面白い人だと思ってたからです。

 

そのころの志望校はBさんの大学ではなかったのですが、一応候補ではあったので夏のオープンキャンパスに行くことをBさんに伝えたところ「スタッフでAがいる」と教えてもらいました。後にオープンキャンパスに参加したイベントの司会をAさんがやっていたことを知るのですが当時は大きいキャンパスとたくさんのスタッフでAさんを認識して会うには至りませんでした。

 

夏休み明け、いよいよ受験が本格的になってきても模試の成績は散々で落ち込むことが多かったのですがBさんは「志望校を変えたら?」などとは言わず、「成績は上がるから頑張れ」と言い続けてくれました。本当にE判定とかすっごい恥ずかしいような成績で他の人からは「これは志望校は厳しい...」と言われていたのでその言葉がすごく嬉しかったです。

 

11月になり、予備校の志望校別で初めて(今までビビッて赤本などは一切やってなかった)試験を受けたところ、今まで志望していた大学よりもBさんの大学の試験のほうが自分が解きやすいことが分かり志望校を変えました。ちょうど、そのころにBさんに「予備校には内緒だけど、オタ松さんはいつも相談事があるみたいだから」とLINEを教えてくれていました。これはバイトの範囲を超えて、個人的に気にかけてくれていることが分かったのですごく嬉しかったです。志望校をBさんの大学だけに絞ることをLINEで伝えました。

 

そこから、Bさんに試験対策や試験日程の相談をLINEでバンバンするようになりました。Bさんと私の志望学部は違いましたが、志望学部についても友達に聞いてくれたりとてもお世話になりました。センター試験で大コケしたときも丁寧に返してくれました。そして、念願のBさんの大学でもある志望校に合格したとき、私は嬉しすぎて電話してしまいました。でも、Bさんもめちゃくちゃ喜んでくれました。

 

大学1回生、学部も回生も違うのでBさんと会うことはなくなりました。でも、私はどうにか接点が欲しかったのでオープンキャンパスのスタッフになることにしました。BさんがAさんと仲良しだと聞いていたので、Aさんと仲良くなれば自然にBさんとも会えるのではいかと思ったからです。すごい不純な理由やなあ。このとき、Aさんの名前しか知らなくてどんな人かも全く想像していませんでした。

 

5月、まだオープンキャンパスのスタッフの合否が分かっていないころ、大学入ってから仲良くなった友達にこの経緯を話したら「LINEしなよ」と半ば強引にBさんにLINEを送りました。結果から言うと、Bさんは会ってくれました。私はBさんに高校のときから変わったところを見てほしくて胸まであった髪をバッサリ切って化粧もして当時1番オシャレだと思ってた服で会いに行きました。しかし、全く話が盛り上がらない(笑)

 

理由は明確で話を振ってるのが私だけだったから。Bさんは私に1つも聞いてこなかったんです。途中で質問も尽きて、Bさんの友達がきて友達と話し始めて完全にアウェイになる(笑)この時間めちゃくちゃ辛かったな...。しかも、すごいキレイな女友達がおって急激に自分が頑張っていろいろ見た目変えたのが恥ずかしくもなった。

 

チャイムが鳴って、Bさんと友達が生協に行くタイミングで逃げるように帰りました。帰り道はほぼ放心状態で何も覚えていないです。Bさんと会う前までは「Bさんにみたいに得意になりたいから英語を頑張ろう」とか思ってたのに、急に大学来る意味が分からなくなった(この文脈の意味は不明かもしれないけど、それだけ自分の中でBさんの存在が大きかった)まあ、その後で当時のBさんと同じ3回生になる今まで英語をし続けるとは思わなかったんだけど(笑)

 

そして、スタッフ合格が決まり、Aさんに直接会えたときはすごい感慨深いものがあったな(笑)あんな辛いことがあっても、最初Aさんと仲良くしたいっていう理由には未だにBさんの存在がありました。最終的にAさんはBさんのフィルターをなくても尊敬する先輩になったけど。

 

あれからBさんとは会っていません。1回生の夏休み前に図書館で見かけてすごい迷った挙句に声だけかけたことはあります。それが最後の思い出です。LINEは持っていると女々しくいろいろと考えてしまうので消してしまいました。その割にFacebookで友達申請しちゃったけど。

 

1回生の間はとにかくBさんのことばっかり頭の中で考えてしまって、それを振り払う意味でも大学を変えましたが、今年の3月でBさんが卒業するので最近また頭の中をチラつきます。連絡とれば?と思われるかもしれないけど、それはもうしたくないんですよね。話すことも特にないし。Aさんとスタバで話していたときに「Bはベンチャー企業に就職決まってもう研修みたいなことやってる」と聞きました。その会社に就職したのはFacebookで知っていました。

 

たまに私はBさんが好きなのか?と思うことがあります。実際に間接で彼女がいると聞いたときはなんかショックでした。でも、付き合いたいとかは本当に思わないし、というか恐れ多いし、すごい尊敬しすぎてて、でも最後に苦い思い出を作ってしまったという...とりあえず複雑な人なんです。でも、5月にBさんに会いたいと言って会ったのは良かったと思います。友達には感謝しています。

 

このブログ記事は成仏するために書きました。Bさんへの思いを払拭するために。でも、3月のBさんの誕生日にメッセージするのを最後にしたいです。こうやって書いてても未練がましくBさんのことを想うかもしれませんが、まあ仕方ないですね。よし、明日は成人式だ!!!