読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

20歳でベトナムを体感して、「生きている」と思った(前編)

日記 旅行 海外

今回の旅における最大の難所、台湾のトランジットでホテルに泊まるもクリアしました。6千円と割高ですが空港まで送迎無料シャトルバスが付いているのが決め手で、それにして正解でした。空港に着いたの遅かったので、そこで値段ケチらないで良かったと思います。バスのおじちゃんもホテルの受付のおじちゃんも全く英語が通じませんでしたが、すごい人の良さそうな人だったので、ホテルのWifiが繋がらないことやアメニティが石鹸しかなくシャワー浴びられなかったことくらいは全く問題ないです。ちなみに朝食も無料なのに選択できます。モーニングコールもしてくれるし。ゲストハウスは泊まったことが2回あるけど、1人でホテルは意外に初めてかも。

 

さて、本題のベトナムですが、こちらも特に大きな問題はなく、生理の予定が1週間近く遅れて2日目に一気にきたことくらいです。でも、ずっと生理対策でナプキンしてたしパンツがめっちゃ汚れることもなく、生理痛も重くなかったのでセーフです。いきなり生理の話から始まる旅行の話ってどうなん…(;^ω^)

f:id:so0670ep:20170306082644p:plain

 

ちなみに1年前は全くベトナムに興味がなく、首都がどこかも知らんかったし、なんなら場所もよく分かってませんでした。海外に興味を持つきっかけって人それぞれだと思うけど、友達の存在って大きいな、と思います。なぜなら、一緒に大学寮で過ごした仲の良い友達が、たまたまベトナム人だったというのが今回の全ての始まりだったからです。外国人と仲良くなるということはお互いの文化の違いを知り、尊敬し合うことだと私は解釈していますが、「百聞は一見に如かず」とはまさにこのことで、ベトナムとは自分の想像の遥か上を行く国でした。

 

友達の家は南部のホーチミンにあります。ベトナムの首都は北部にあるハノイですが、街の大きさや賑やかさはホーチミンの方があるそうです。そもそも半年前に1ヵ月もタイに滞在した経験があるので、ベトナムも同じ東南アジアで地図上ではそんなに離れていないから似たような国だろうなと思っていたんです。でも、日本と韓国や中国が全く違うようにタイとベトナムも違いました。でもその中で似たような類似点を発見できたこともとても楽しかったです。今回も韓国旅行と同様に自分が気付いたことをポイントでまとめてみました。

f:id:so0670ep:20170306082742p:plain

 

  • Wifi事前に予約しなければいけないと知らずdocomoの海外パケに搭乗ぎりぎりで登録した。結果、今回は友達に借りることが出来たので使うことはなかったが、次回から気を付けようと思った。あとdocomoの受付の女の対応がめっちゃムカついた。くそばばあ(´゚д゚`)
  • 行きはトランジットが2時間だったのでキャリーケースの受け取りがなかった。だから、帰りのパッキングするとき必要なものは全て手荷物に入れていたが、帰りは16時間だったためかキャリーケースを受け取るかどうか選択できた。
  • 飛行機を降りて最初に思ったことが、「東南アジアの匂いや」。これは東南アジアに行ったことある人しか分からんと思うねんけど日本では感じられない。タイを思い出して、めっちゃ懐かしいと思った。
  • そして、空港の前で迎えに来てくれた友達とタクシーに乗って、街中を走っていてバイクの量に驚かされた。車よりバイクの量が多くて、きちんと整列して走行していないのであちこちで常にクラクションが鳴っていた。
  • 友達の両親への最初の印象は「え、なんか怒ってる?」だった。友達がとてもフレンドリーな性格なだけにギャップがすごかった…。表情すごい険しいし目が合わないし…。シャイなんだなとは思ったけど。ベトナム語は起伏も激しいので余計に怒っているように感じる。
  • 昼間は家の玄関があけっぱだった。
  • ベトナムの一般的な家は奥に長い。うなぎの寝床みたいな。日本も伝統的な家はそうだよね。
  • タイにいたときも食事をしているとクジ売りの人がいたが、子供が「お金ください」ともやってきた。友達はすごいはっきり断っていた。チャイルドビジネスなくすために断ることは必要なことなんよね…。
  • お店でご飯にハエがたかってこなかった。虫自体をあまり見なかった気がする。友達が「ホーチミンは都会だから」と言っていたがタイのバンコクはいたぞ。黒いのも。
  • 政府が出版社にお金を払っているので、教科書が40円くらいで買える。日本も中学までは無料で貰えるけど高校を私立にしたら教科書代やばいもんな。
  • 中学から日本語をする学校がある
  • Woman dayというイベントが3月8日にあり、私が滞在したのがそのイベントに近かったからあちこちでセールをしていた。男の人が女の人に手紙を書いたりプレゼント渡したりするらしい。
  • 夜にONEPIECEやってた。
  • バイクに4人乗ってたりした。落ちないのがすげえ。車も1つの座席に2人で座ったりするしとりあえずぎゅうぎゅうになる文化なんだと思った。
  • バイクがめっちゃ通ってるのに信号ないから観光客は絶対に1人で道路を渡るの難しいと思う。私はずっと友達に腕を掴んでもらっていた。しかも信号があったとしても、バイクは行けそうだったら普通に突っ込んでくる。
  • マーケットに行くとだいたい友達に日本語や英語を話さないようにと言われた。要するに黙っとけってことなんだけど。スリとか多いからってめっちゃ念を押される。
  • ドラえもんクレヨンしんちゃんを始めとする日本の漫画文化はベトナムでも根強く人気らしい。なんか惜しいやつとかめっちゃあったけど(笑)

f:id:so0670ep:20170306082948j:plain

f:id:so0670ep:20170306083004j:plain

  • あれだけバイクが多いのに事故はあまりないらしい。でも、滞在中に1回だけぶつかりそうになってたバイクがあったけど。
  • ベトナムのお金はゼロ3つとって×5すると日本円になる。例えば12000ドンとかだったら600円とか。物価はめっちゃ安くてだいたい200円もあればお腹いっぱいに食べれる。3日間使いまくったけど1万5千円も消費せんかった。

 

後半はこちら

so0670ep.hatenablog.com