常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

自信満々に空気読めてるって思ってたけど違った

当たり前の話なんですけど、言わなきゃ分からないことってありますよね。私は「空気を読めています」ってクールに大人ぶって言いたいこと言わないで諦めることが多いなって思いました。自己分析してたんですけど、今日。

絶対内定2019――自己分析とキャリアデザインの描き方

絶対内定2019――自己分析とキャリアデザインの描き方

 

 

それって空気を読んでるんじゃなくて、自分を傷つけないようにすることに必死で、相手との相互理解を止めていただけなのかなって。

 

まさに今日それを体感してたんですけど、Yくんに久しぶりに連絡をしました。要約すると会いたいって送ったんですけど、Yくんにまた忙しいって言われたんですね。いやいやいや絶対に暇やんってなって、でも面倒くさいとか思われたくないから「了解」って送ろうかとも思ったけど「いつ空いてるの?」って頑張って聞いたんです。そしたらYくん後期はもう授業がないから実家に帰ろうとしていたんです。その引越しで忙しくて会えないってことが分かりました。卒業後は関西に戻ってくるから来年の春に遊ぼうと言ってくれました。

 

前回、私は1人で怒って納得して大人になったつもりで引き下がっていたけど、どうして「なんで忙しいの?」とか聞けなかったんだろうって。それを言うと相手に面倒くさい女だなって思われるって勝手に壁を作っていただけだったな、と。

so0670ep.hatenablog.com

 

だからもう過剰妄想をして落ち込んで人に見切りつけるのやめようって思いました。思ってること素直に言える可愛い女になろうって思いました。

 

Nくんと電話しました。前回の記事で人の断捨離とか言ってたけど、断捨離に至るまでのことしたかな~って考えるとしてないし、第三者の意見を鵜呑みにしてNくんを勝手に酷いと決めつけてちゃんとNくんのこと見てなかったと反省しました。

 

LINEの返信が遅いだけで「もうセフレなんだ」「ヤるためだけに私に会うんだ」と落ち込んで既読無視してもうそのままメッセージが来ないなら関係をやめようって過剰妄想も過剰妄想ですよね。

 

1週間ぶりにNくんにLINE送ったら秒で返信きてびっくりしました。向こうも少しは気にしてくれたんだとしたら嬉しいなぁ。まあ電話してもやっぱりヤりたいだけかなとかは思いましたけど(笑)でもずるずる続けるLINEより30分の電話の方がずっと楽しかったし、Nくんのヤリチン気質な性質は置いといて話していて楽しいと思える相手って貴重かなあって。Yくんだと見栄張りすぎてちょっとしんどかったけど、Nくんは完全に地声でそのままの自分で話せる。

 

最終的にすごい傷ついて泣いちゃうような結末だとしても、人間関係に関する弱点を克服するチャンスのような気もするし、ここで関係をやめても恋愛レベルがいつまでも上がらないのでリハビリで利用させていただこうと思います。愛されたいと喚くよりもまずは自分から愛する努力をします。