常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

初デートの反省あれこれ

人生初デートでした。その1人反省会です。

 

まず、セックスしたことあるのにデートとか初歩的な恋愛のステップ知らないあたり本当に処女ですよね。もちろん男性と遊んだりご飯食べたことはあるんですが、それが彼氏とっていうのは初めてなんですよね。そもそもなんやかんやちゃんとした彼氏は初めてなので今後経験する全てのことNくんが初めてなんです。Nくんには言ってないけど。

 

朝からピザ屋のバイト行って3限だけ授業受けて帰宅してシャワー浴びて化粧し直して前日に決めていた勝負服で挑んだわけですが…うん...( ^ω^ )

 

なにが悪かったとかはないと思う。この日の為に練習した化粧は自分の中では割と決まってた。ナチュラルだけどブラウンを基調とした奇抜ではない万人受けしそうなメイクだった。帰ってきてからも崩れたりはしてなかったし。

 

服装もいつもは家に泊まりに行くだけなのでそんな気合い入れてたらおかしいから程々を意識してたけど今日はばっちりRayとかnon-noに出てきそうないかにも女子です!みたいな恰好でした。この日の為にファーのイヤリングとか買ったし。あといつもは寝るだけだから髪の毛も出来るだけストレートアイロンでまっすぐ伸ばすだけのスタイルやけど、ちょっとヘアアレンジしてポニーテールとかしてみた。完全にお天気予報のお姉さんだった。でももう本当に自分より可愛い女は死んでしまえと思う。可愛い人を見つける度に自分がすげえブスなんじゃないかって思えて仕方なかった。

 

Nくん乃木坂46とか好きやから割と好み寄せていってて恥ずかしかったけど照れたらあかんと思って頑張ったよね。なんも言われんかったけどね、外見に関しては。ベロアのパンツを家に履いていったときは「なにこれ熊の毛?」とか言われたけどね。おい。

 

でもそんなことよりNくんなんですよおおお。待ち合わせの場所に居たNくんいつもよりカッコ良すぎた。…......っ!!!(声にならない叫び)いつもお家なんでスウェット姿とか寝癖を隠すためにキャップとか手放せない人でそれに慣れてたからちゃんとした小綺麗な服でちゃんと髪の毛セットしててこの人の横歩いていいんですか状態でした。しかもちゃんと久しぶりに髪の毛セットしたわとか言ってて「この日の為ですか?」みたいな深読みが止まらん。

 

Nくんね、カッコイイんです。最初あんま顔タイプじゃないとか思ってたけどタイプになってくるんですよね不思議ですね。あと身長高いから私がヒールを履いても抜くことを心配しなくてもいいのが有り難すぎる。脚が太いんでヒールが必須マンの私には助かるマジで。身長差22センチとかなんですよね。あとなんか髪の毛切ってた。可愛いかよ。kawaii of the year おめでとうございます。 でも男性ってあんまり可愛いとか言われたくないんですよね。可愛いしか言えなかったわ。カッコイイはハードル高すぎた。

 

(劇場の)開場まで1時間くらいあるのが事前に分かってたので「ご飯どうする?」みたいな会話はしてたんですが、なにを間違えたか「サイゼリアとかあるよ、サイゼにする?」とかこの女は言ってしまったんですよね。可愛いくないよね。いや移動の時間とか考えたら飯にそんなちんたら時間取られたくないし…とか色々あってのサイゼだったんですけど、よりによってNくんと初めてご飯食べに行ったのサイゼって...。大丈夫?大丈夫かな?(;^ω^)2人でミラノ風ドリアを食べました。2人でも600円いかん飯を食べたよ…(笑)

 

Nくんとのご飯の思い出って、コンビニ飯と家でやった鍋ですね。鍋はね、すごい良かったよ。今月の思い出の1位が今日のデートだとしたら、2位は完全に鍋でした。「鍋やりたい」って言う私の為にわざわざ鍋買ってくれたんだわ…Nくん...。この鍋を活用してもっと色々作りたいとか思ってるんですけどそういうのウザいかな?めっちゃ彼女面すんじゃんキモイとか思われたら即死亡です。3位は鍋食べた後に行ったカラオケです。あ、これデートに含まれるやつ?でもちゃんとした格好で外で待ち合わせしてっていうのは初めてだからやっぱ今日が初めてかな。たまにNくんが歌ってる動画をニヤニヤ見ています。声好き。

 

そうしてサイゼリアの後に劇場直行したら丁度開場の時間くらいでした。そのメイン自体はすごく楽しかったです。Nくんゲラやと思ってたけど思っていた以上にゲラで手をバンバン叩きながら笑ってくれていてそれがすごい嬉しかったです。「昨日全然寝れてないから途中で寝るわ笑」とか言ってたけど帰りは割と興奮気味に「面白かったな~!」と言ってくれて私は出演者の方々に頭が上がりません。誘ったもののNくんが面白くなかったらどうしようっていう不安はあったので。

 

漫才がいかにカッコイイ娯楽かということを熱く力説している私に「じゃあ(ゆうひが)俺の発言で笑ってくれてるのは俺のことカッコイイと思ってんねんな」と言われてその発言に何故かときめく(笑)Nくん私にカッコイイと思われてたいんかいっ、みたいな。思ってるよ。言えんかったけど。あと眠たい理由が昨晩友達とオールで遊んでたみたいな話のときに「全員男やで」ってわざわざ言う感じ。

 

でも終わってから駅にもうすぐに直行してしまって「うわ。もう終わりか。次会う約束してない」ってなってしまってこのへんすごいブスだったと思います。頭ではもっと明るくしなきゃ、さっきまで楽しいもの見ててハッピーだったんだから終わりが暗いとかあかんよ、と思ってたんですけど、完全に「まだ一緒に居たい」というのが全面に出てしまっていました。

 

それで「まだ帰らないで」とか素直に言えたら可愛いんですけど、それも言えず、むしろ口では「全然帰ってもいいよ」とか言ってんのに態度は「帰らないで...」みたいになってて察してかまってちゃん感が強くなり自分が嫌になりました。

 

最初はNくんも「まだ(俺と)居たいん?」って聞いててくれてて「なんかする?でもなんもなくない?」みたいになって、結局Nくんもう眠たいってなって「ほんとごめん、今日は帰るから」って帰っていきました。次いつ会うかは分からないです。来週忙しいって言われたのでまた空くかもしらん。振り返ると楽しいことがすごい占めていたはずなのにこんな些細なことで「自分ばっか好きなんかな(もう好きって認めたよこいつ)」とか思ってしまって辛いです。家ではめっちゃベタベタ甘えてくんのに外なったら手も繋がんしボディタッチもないし隣で座ってるときに膝当たるくらいみたいなんも私がブスやしこいつが彼女と周りに思われたら嫌なんかなとか思うネガティブっぷり。

 

本当に最後は明るく別れたしその後にLINEもできたので良かったけど。...いやいや、もうちょい自信持とう。とも思う。わざわざ来てくれてんし。楽しく話せててんし。ライブが当たったとかインターン通過したとか嬉しかったこと共有してくれてるやん。と、自己を説得しておく。明日も朝からバイトや。明日くらいは自分も就活のことやろ。