常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

社会人なりたくねえ

サークルの東京遠征でした。日曜日の夜行バスで東京に行って水曜日の朝に戻ってきました。駅に着いたのが5時前とかで市バスの始発を待って帰宅して、今は7時前で、このブログを更新したら寝ようと思います。体重は連日の観光で太ったかと思いましたが思ったよりはでした。行く前58.6キロだったのが今は59.6キロとかで1キロですね。多分生理の終わりと重なって体調が良いのもあると思います。今日から2日間ファスティングダイエットするので落とすぞ~!( ^ω^ )月1でやっていきたいです。

 

東京楽しかったです。サークルで行ってるってからっていうのも大いに関係してると思う。やっぱなにをするにしても何をするかじゃなくて誰とするかだと思う。今回の遠征は旅行じゃなくて東京の大学のサークルと合同ライブするためのものでした。ライブにも出演できて東京のサークルの方にもめっちゃ褒めていただけて嬉しかったです。前回のライブは悔いが残ったんですが、今回はセリフ飛ばしもなく、ハマるとこできちんとハマりました。ここでウケるやろ、と思ったところでウケると嬉しいです。

 

ほんと大学生活でこんなにサークルに自分がハマると思わなかったなあ。自分の最優先順位がサークルなのって集団行動が苦手なはずなのにすごいと感心しています。ただ男社会の縦を大切にした体育会系みたいなノリはあるので女子でいることに肩身を狭い思いをすることがあります。そこが好きなところでもあるから難しいんだけど。

 

人見知りしないでガンガン突っ込む私を好意的に思ってくれる人もいれば、女の癖に生意気だと思う人もいるわけで。それを「嫉妬してるだけ」と思うのは簡単だけど、どうすれば皆に好意的に思ってもらえるんだろうと悩みます。皆に好かれるなんてムリな話なんだけど。サークルにいる以上は皆と楽しくやりたいだけなのに頑張れば頑張るほど浮いてしまい...。さらに年齢詐称も未だに詐称したままなので自分で自分を居づらくさせている節もありますね。自分たちの代になる頃に私は社会人なので。留年してえ。

 

就活なあ、全然してないですね。やばいやばいと思いつつ何もしてないです。夏に参加した1dayのところからセミナーとか秋冬インターンのお知らせ来たりするけど、むやみやたらに1dayインターンに参加すりゃいいってもんじゃないと思い直したので長期インターンとか行きたいけど選考がまた面倒くさい。

 

私の第一志望の会社を受けた先輩が「受ける人が多すぎて流れ作業のような面接だった」と話していて難易度の高さに今さら挫折してしまいそう。どうせ私なんかと思う。もっと学歴高い人とかおるしね。

 

どっかの企業には受かると思うけど、新卒で入社した知り合いの先輩たちがこぞって転職考えているのを知ると、社会人なりたくねえなと思う。就職してからも転職なんて考えたくねえわ。

 

サークルのOBで「テレビ見てて自分のほうが将来面白くなると思うし、プロにならなきゃ後悔すると思った」と言って大学中退してその道に進んだ人がいて、良いなと思います。自分のしたいことに素直でいるのってすごく難しいと思うから。それ批判する大人ってそれこそ嫉妬だと思うし。そうはなりたくないねんなあ。