常に全力で生きている

関西某有名私立大学4回生文系女子の備忘録

もうだめだァ

爽やかくんに関する最後の記事になるかと思います。

 

うーん、もうむりぽ(´;ω;`)

 

4月後半に5月中旬に遊ぶ約束をしていて、5月後半のシフトを出すタイミングで彼はその日をF(Freeの略:何時間でもバイト入れますよ)にしていたんですね。この時点でもう今回の件は終わってたなと思います。でもGW中に休憩時間が奇跡的に被ったとき(嘘、私が計算に計算を重ねてワザと休憩が被るようにした)があって、先に休憩してた私に彼がめちゃくちゃ話しかけてきたので流れで唐突に「(約束していた日)バイト入れちゃったんですか?」って聞いたんです。

 

そしたらすごい気まずそうにして「なんか、ゆうひさんが(自分がいたら)楽しめないかな」って言われて、約束を忘れていたわけではないのかなあと思いました。まあ約束自体も曖昧な感じになってたので本当に遊びたいならどっかのタイミングでもう一押しするべきだなとは思っていました。で、私が「爽やかくんが行きたくないなって思うなら別にいいですよ」的な感じでやんわり言ったら「空けます」って言ってくれたんです。

 

その後、爽やかくんがシフトを×(意味:その日はバイトに入れません)にしてくていたのを確認したんですが、なんと今日後半のシフトが出てそれを見たらその日バイト入ってるや~ん!っていう。多分「F」って書いた上から「×」って書いたから店長が勘違いして入れたような気がする。爽やかくんは悪くないと思う。でも店長に「入れへんの?」って言われて「あ、大丈夫です」となった可能性もある。

 

まあまあロングで入ってるから爽やかくんがシフト抜けたらその日のバイトの運営がしんどいだろうなと思うし、爽やかくんは自分のシフトを前日にしか確認しないためこのことに気付いていないと思われる。

 

えええ、もう1回「遊ばないんですか?」って聞く?いやもう無理じゃね?

 

今回たまたま遊べたとて爽やかくんはもう告白して断られている相手で進展がセフレとしてしか見込めないのに...とかいろいろ考えた。もうだめなんだなって。

 

本当は今回遊べたら「私は爽やかくんともっと遊んでみたいです」って言うつもりやったけど、また誘うのは私で毎回毎回こんな思いをしなければいけないと思う。

 

じゃあもうこのタイミングなんじゃないかな、と思う。止めるの。でもめっちゃ腹は立つ。お前人に色々やっといて、とか、バイト中その気もない癖に積極的に雑談してくんなよ勘違いするやろ、とか。言ってやりたいことはたくさんある。ムカつく。

 

でもそれ以上にまだ好きで、好きで、諦めないといけないのにバイトで会わないといけないし、時間帯的に店に2人になることも多いし。なんなん。なんなん辛い。

 

敢えて嫌いなところを書くと、

 

八方美人すぎ

振った癖にすごい話しかけてくる

LINEの返信遅い

身長別に高くない

顔は全然タイプじゃない

 

うん、別に他に良い人おると思うけどなあ。あかんちょっと意地になってる部分もあるねんなあ。あかんなあ。