常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

褒められると嬉しい承認欲求高め女子

3社選考受けたうち、2社の合否が来ました。結果、初回に受けた企業は選考に落ちて、先輩の企業の方は受かりました。初回の方はGW(グループワーク)で積極的に発言したり前で発表もしたし質問も沢山したのに、なんで落ちたんだろうって考えたときに、ちょっと生意気な印象になったのかな?と勝手に分析しています。ハキハキ率直な意見を言い過ぎたり、自分たちに来た質問に関しても強く返し過ぎたんかな...。まぁ、落ちてる理由が分からないので凹むことないと思う…けど、「インターンは残念でしたが、新卒採用はまたお越しください」とか絶対行かねえと心で強く誓った(笑)

 

私を落としたこと後悔しろよなと言ってやりたいです。こういうとこかな、落ちた理由って(笑)でも、企業が私と相性が合わなかったことだしそれが分かっただけでも良かったのかも。大阪まで行った交通費は返してほしいけどな(;´Д`)

 

なんにせよ、先輩の方は受かったのは素直に嬉しいし、でもまだ面接があるので気が抜けません。もし面接に受かれば晴れてインターンに参加できます。共同通信社に受かった先輩が「インターンはなるべく参加した方がいいよ」と言っていたので、やっぱりちょっと受けすぎくらいでいいかな?とか思ったり。あんまキャパオーバーにならんように頑張ります。

 

でも大学の先輩はNHKに受かっている人とかアナウンサーになった人もいて、虎の威を借りる狐じゃないけど、自分の大学に誇り持てます。そういうのに受かる人と同じ大学なんだって普通に感動する。やっぱ受験して良かったな...(´;ω;`)すげぇわ

 

あと、ゼミではいつも本を決めてそれを誰かが要約してきて、それをもとに議論するんですけど、今回の要約する係は私でした。すっごい難しい本で、でもゼミの教授に「やるやん」と思われたくて頑張りました。そしたら、自分の想像以上に嬉しい言葉を貰えて寝る間を惜しんで良かったと思いました。そもそもやるのがギリギリなんが悪いけど。

 

自分より見識がある人に「よく読み込めてますね」とか「他の人もゆうひさんみたいに説明できるといいですね」とか言われたの、すごい嬉しかった。頑張って読み込んで良かった。

 

和牛の単独ライブの追加情報が解禁されて、愛媛と追加公演で祇園花月になりました。愛媛は厳しいけど、祇園花月は行ける距離だし行きたいなあ。水田さんがチケット転売させない為の工夫をしようとしていて、そういう曲がったこと嫌いそうやもんなと1人で納得してます(笑)チケキャンとかですごい高値で取引されてるしなあ...(´・ω・`)