常に全力で生きている

関西某有名私立大学4回生文系女子の備忘録

漠然とした不安たちについて

就活もないので、最近はバイトしたり愛犬ちゃんの散歩に行ったりサークル活動したりバイトしたり昔の友達と会ったりバイトしたりしてます。家庭教師で月2万円くらいしか稼いでいなかったクソニート時代に比べると月5万とか私にしては働いているほうです。世の中にはもっとバイトファイターがいるの知ってるのでおこがましいのは分かってます。ほんとは1日に何時間も働きたいんですけど私の出来る仕事のキャパシティだとあんまり長い時間は任せてもらえないんですよね。3月後半は週4とかでバイト行ってるんですけど大体3時間とかです。時給900円なので1日2700円。もどかしい、ぐぬぬ。でも新しい仕事とか短期とかでバイトしようって気にはなれないです。

 

専門学校が始まるのは4月半ばからなのでそれまでは宙ぶらりんです。就活ってしててもしてなくても不安しかない。周囲がやれ会社説明会だESだと頑張っているのに何もしてない自分に焦りを感じます。勝手に専門卒業すれば就職口あるやろ!みたいなテンションやけどほんまにそうかは分からんし。あったとしても正社員なのか契約社員なのか自分のしたい仕事ができるのか給料安いのか労働環境は劣悪なのかとか不安しかない。

 

なんかバイトの話なんですけど、爽やかくんに押し付けがましい親切をしてしまったんじゃないかと思って「なにあいつ...」と思われてないかびくびくしてます。これやったら喜んでもらえるかなぁ~!ってうきうき準備してた自分が恥ずかしい。ていうか、脈ありとか勝手に思ってたけど、誰に対しても優しいんじゃね?みたいなそもそも論が浮上してきて「私って別に特別な訳でない…?」みたいな感情もあって沈んでいます。好きな人が目の前にいると「大好き!」の感情を抑えきれていないため気持ちが駄々洩れな気しかしない。ネガティブ期です。

 

高校のときの友達が看護学校に通っていて国試も終わって卒業したので久しぶりに会いました。それで「看護は出会いがない」みたいな話になり、その飲み会のノリのまま初めて相席居酒屋に行きました。詳細に説明すると居酒屋ではなくラウンジでちょっとクラブっぽい雰囲気のところでした。周りの話を聞いていて相席はオッサンばっかりだから期待しないほうがいいと思ってたんですけど、24歳のプログラマーと看護師さんと相席になり意気投合してLINE交換して花見に誘われました。友人主催のやつで誰でも来てもいい、みたいなやつらしいです。よく分からないけど友達2人連れて行こうと思います。