常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

告白して一夜たってから考えること/山下歩さんというイケメンについて

今さらながら、自分て本当に後先考えないで行動する単純細胞だなあと思います。人の意見に流されやすいし。友達に「自分の意思はあるの?」って聞かれて、あるつもりなのに実際はないんだなあと思う。中身がないんだよね、自分に。

 

人からの「こうすれば?」「ああすれば?」っていうアドバイスを疑ったりするのが苦手なのかなあと思う。そのときどきは、人から貰うアドバイスが的を得てる!って思っちゃって、悪いことに行動力と好奇心のかたまりだから、本当に実行しちゃうんだよね…。

 

今回の告白は完全にタイミングおかしかったし、なにより早すぎた。大学1年のとき、友達になると恋人になれない!っていう意識ができたんだけど、もうちょい待つ必要あったよね(;^ω^)出会って3週間は向こうからしたらただただ怖いよね。

 

冷静に考えると、自分の行動が軽率だったなあと思います。現時点では、次の人を探す気にもなれないし、告白の後で「まだ好きでいていい?」という確認をとってしまったばっかりに(なんでそういう思いつきの言動が多いの、わたし)なんか好きでいなければいけないような気がしちゃうんだよね。でも実際に、まだ好きだと思うし。

 

というか、相手に付き合っている人がいないのに、告白を断られるということは、単純に私がタイプでなかったわけで...脈なしも脈なしなんだろうなあ、と。もし仮に「好きな人がいる」ことが本当だとしても、タイプの人に言い寄られたら「付き合っちゃえ」ってなるもんじゃないかな。この思考も単純なのかな?

 

早く告白したことも含めて、自己嫌悪があります。しばらくは不自然でない程度に離れていようと思います。相手も振った相手が近くにいるのイヤやと思うし。

 

昨日の記事は、本当に出来事があってから興奮冷めないうちに書いているのでバカ丸出しですが、1日たつと冷静に自分の行動が迷惑になってしまったんじゃないかと考え直すようになりました。

 

話を転換すると、最近は以前紹介した山下歩さんの動画をめっちゃ見てるんですけど、山下さんがめちゃくちゃタイプなことに気付く、っていう(^▽^;)

 

テラハでおなじみのテイラーの「We Are Never Ever Getting Back Together 」の 日本語カバーを見て、この人の歌い方すごい好きってなった。

 

「初めての別れもただ 身勝手な君のわがまま 『今は距離が必要。』(笑) 嫌になって」っていう出だしのところがすごい好きで。

 

「~~(笑) 嫌になって」ところの表情めっちゃイイってなった(´゚д゚`)本当に嫌そうな顔するんだよね(笑)雰囲気とかめっちゃ好きやわ。なんで初めて見たときに気付かなかったんやろう。


We Are Never Ever Getting Back Together - 山下 歩

 

こっちの動画はただただかっこいい。この動画で「え、この人って身長高いの?」ってキュンキュンきた。髪の毛おろしてたらただのイケメンなんですけど。タキシード姿がめっちゃ男前すぎて好みですうううう。

 

歯並びがちょっとガチャってなってるのが、すごいかわいいと思う。私、こういうタイプの人がめっちゃ好きです。普段、だぼっとしたパーカー着てるのかわいくない?

 


ワタベウェディング×山下歩|『ハワイウェディングの唄』

 

これは「田舎あるある」を歌った曲で、無駄にリズムが素敵という。PVめっちゃきれいだし。

 

1分36秒から始まるスカート丈のところ、むちゃくちゃかわいい。なにそれ。あと、左腕にタトゥーあるっぽいの、本物かな。えー、なにそれかっこいい(重症)


この歌詞は田舎出身の人しかわからない!『 田舎の唄 - 山下 歩 』