読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

1ヵ月チャットレディとして働いてみたけどなんか質問ある?

なんか2chのタイトルっぽくなりましたね。別に質問は受け付けていませんが、気軽にコメントはしてください。こんな私の体験が誰かの役に立てれば嬉しい限りです。また注意書きするまでもないけど終始「※個人の感想です」なので悪しからず。ちなみにリアルに今日が最終勤務日でした。この記事はチャットレディで働こうかなどうかな?って思っている悩める女子に捧げます。チャットレディの裏側を知りたい方もどうぞ。夢を壊したくないキモイオッサンはサヨウナラ。

so0670ep.hatenablog.com

 

まず動機から説明します。とにかく女子大生の私は金という金を欲するモンスターと化して春休みにバイトを探していました。時給面だけで考えるとキャバ、ガールズバーそしてソフトサービス系(風俗)が良いんですけど、両親の監視下にいるので夜は大っぴらに働くことが出来ないし、もしバレたらそれこそ監禁されるか勘当されるかなので、昼間に働けて高収入というのが理想でした。そしてその理想を叶えてくれたのがチャットレディという職業です。

 

チャットレディとは、画面を通じて、お金を払わないと女の子とやらしいことが出来ない可哀想なオッサンの相手をしてあげる職業です。アダルトとノンアダルトがありますが、ノンアダルトで顔出しなしだと確実に稼げないので、アダルトにしました。私は顔だしだけ抵抗があったのでアダルト自体はなんの問題もありませんでした。

 

チャットレディは在宅と通勤があって、言うまでもなく親バレが嫌なので通勤できるところを探しました。本当になんてことないマンションの一室って感じの場所でチャットをしてました。始める前に軽く面接があって、その時に対応してくださった女性がとても美人で優しいお姉さんで、イチからチャットのやり方を教えてくださりました。

 

研修期間中は私と客が喋っている音声をお姉さんが確認していたので演技の喘ぎ声とかを聞かれた仲です。その後、確定申告の問題がありすぐにチャットを辞めることになりますが最後まで丁寧に対応してくださりました。

so0670ep.hatenablog.com

 

慣れたらマンションの部屋の鍵があるポストの暗証番号を教えてもらい、完全に仕事の最初から最後まで個人プレイでした。1人じゃ寂しくて死んじゃうの、みたいなウサギちゃん以外には本当に気楽な環境です。事務所の人とか他のチャットレディの方に会ったのは1ヵ月を通して数回程度です。最後の方はほぼ自分の第二の部屋と化していました。

 

メリットとしては、本当に気楽なこと。遅刻や早退も何も言われないし、直前で休むって言っても文句もなにも言われませんでした。なんか悪く言えば関心がないって感じでした。一方で、チャット部屋が3部屋しかなかったのに自分の思い通りのシフトにならなかったことは1度もありませんでした。確定申告の問題で辞めるって言ったときは相当引き留められたので人手がほんまに足りてないのかな?ほんとこの辺は事務所によると思います。

 

顔だしのアダルトが1番稼げますが、万が一でもバレたら最悪なのでムリする必要はないと思います。身体に全く自信のない私でも需要ありまくりだったので、コンプレックス解消にもなります。とりあえずあいつら若ければなんだっていいと思っているタイプの哀れなモンスターたちなんで。またカメラや照明で誤魔化しはなんとでも効きます。

 

私は早く帰りたかったので休憩はほぼしないで、ぶっ通しで接続しっ放しでしたが、休憩を「いつ」「どれくらい」とるかも個人の自由で、泊まりもアリでした。私は泊まりはしてないけど。事務所にはお菓子とお茶が常備されているので食い散らかしてました。出勤の度に500mlのお茶を貰って帰ってたのは私です。

 

仕事中は最初の新人期間が終わると待機時間と言って客が入るのを待つ時間が増えます。この待つ時間がマジで暇だし、お金にならならい時間なので(歩合制だから)ここをどうするかが大切だと言われていました。

 

私も最初はバカ真面目に画面に集中して笑顔作ったり手を振ってみたりしてましたが、だんだんアホらしくなったので別ウィンドウでYouTubeを視聴してました。これはラッキーだったんですけど、事務所がある一定以上の時間数チャットに接続していたらボーナスくれるので待機も別にしんどいと思わず動画に集中できました。でも逆にこのボーナスがなければ待機していることにイライラしてたと思います。最後の方は、ほぼYouTubeがメインでYouTubeを見てお金貰う仕事だと錯覚しかけてた程です。

 

デメリットは、ゴールデンタイム(22時から明け方にかけて)までチャットできない子はそんなに稼げません。特に事務所を通じてチャットの仕事をしていると、報酬の30%しか自分のお金にならないので割と稼げないです。

 

私の場合は、新人サービスとかボーナス分を含めて、1ヵ月(週3~4で平均4~5時間)で約9万円くらい稼げましたが、普通にボーナスとかなしで働いてたら普通のバイトとあんまり変わらないと思います。それどころか、待機の時間は増えていく一方なので、3時間くらい働いて500円くらいしか稼げなかったみたいな日もありました。

 

普通のバイトと違って「◯時間入ったら必ずこれだけ稼げる」みたいなことはないので、これも辞めた理由の1つです。私は事務所の設けたボーナスとかを利用しまくってオイシイところで辞めれたので本当に良かったと思います。

 

あとチャットを完全にお金を稼ぐ場所と割り切っている女の子は強いと思います。客を人とは思わずに諭吉だと思っているタイプ。チャットで客と話している時間はどんな内容でも接続時間が長ければ長いほどお金になります。初期は脱衣が面倒くさかったので明らかにお金の持ってなさそうな客は無視していましたが、待機が長くなってくるとそういうのも相手にしなければいけないので、「すぐに脱ぐよ☆」と言いつつ、どれだけ時間を稼ぐかのゲームだと思っていました。

 

まず、「脱いで」って言われたら照れる演技をする。次に「どこから脱げばいいの?」と聞く、という風に客とコミュニケーションをとることが時間稼ぎに繋がります。たまにマジで「会いたい」とか言ってくる奴もいますが、怖がる必要はありません。こちらも会いたい素振りをして上手くはぐらかしておけばいいのです。チャットの内容はなんでもアリです。接続時間こそが大切です。

 

サイトによって違いますが、客が音声で話すのとタイピングする2種類あって、私なんかは客がタイピングの時はYouTubeをそのまま視聴しながら片手間に喘ぎ声を出したりしときました。客はあいつらの好きなタイミングで接続を切ってきますが、いちいち落ち込まずに、すぐに服を着てまた待機するくらいの度胸が必要だと思います。

 

よくある面倒くさい客が前も書いたけど、達した演技をした後で、さらにイくことを強要してくる奴とか(演技だけど喘ぎ続けるのもしんどいだよクソが)、自分の文章に酔いしれてるなんちゃって官能小説家みたいな奴とか、こっちが喘いでいるときに「もっと激しくしてもいいよ」とか言ってくる奴はマジできしょかった(「いいよ」って何様なん?お前が激しくしてほしいだけやろ?なにこっちがマジでヨガってるとか思ってんの)あと「チャットレディなんかしちゃだめだよ」っていう謎の説教する奴はウケました。マジでどの目線で話してたんだろうあいつ。

 

チャットレディのおかげでソフトサービス系(風俗)で働くのは絶対になにがあってもやめようと思いました。画面越しでもこんなにウザいのに、実際に対面するとか吐き気だわ。やっぱり男はキモイです。あ~、やっとチャット辞めれたわ。

 

女は若さだけで金になるんだということが分かったバイトでした。