常に全力で生きている

関西某有名私立大学3回生文系女子の備忘録

めっちゃモテたわ

今日は午前から某大手人材紹介会社のインターン(という名のほぼ会社説明)に行きました。内容が稀に見るクソで「手抜きかよ」と思いながら半分眠りながらグループワークしてました。というか、営業がマジでやりたくないから人材を選んだようなとこあるのに(人材はお客さんの相談に乗ってあげる仕事だと思ってた)、人材も営業でしかないことをここ最近のインターンで知り絶望の淵にいます。

 

その後、就活生の相談に乗ってくれるエージェントに行き、現状のことを話したら「いや営業は避けて通れないよ(笑)」と言われました。営業を避けて事務とか販売に行ったら転職に苦労することを教えてもらいました。転職を前提に就活すんのもどうかと思うけどミスマッチが100%ないとは言い切れないので...うん...営業ね...うん...って感じです。そういうサービスだからっていうのももちろんあると思うけど担当者が自身の経験を踏まえた濃い内容のアドバイスをしてくれました。んで、以前から薄々勘付いてたけど自己分析を本格的にやろうという結論に至りました。もうSPIは諦めた。後期やる( ^ω^ )

 

タップルで知り合った先輩(Yくん)に教えてもらった自己分析本を購入したので、夏休みの間にこれはやろうと思う。今後の指針の為にも必要なので。SPIは頑張って読もうとはしたり努力したものの断念です。数学本当にムリなんだって...(号泣)こうやってズルズルやるのが延びていくの知っててもやれない。だめね。

 

Yくんね、結局LINEしました(笑)でもなんか避けれられてる気がするので、いよいよ新しい女が出来た説あるよ。でも絶対にもう1回は会うって決めたんです。理由は以下です。

 

エージェントに行った後で、ギリギリまで迷ってた学生限定の恋活パーティーに参加してきました。女性はどうせ無料なので「飛び込んでみよう!」と思って行きました。始まる30分前には着いて私にしては非常に優秀だったんですが、何故かシャッターが10分前まで開きませんでした。普通に初対面の女子グループと「なんで開かないの...?」と困惑していました。

 

んで、やっと開いて、続々と参加者もやってきたんですが、まぁパッとしねえ(笑)でも、せっかく来たのでここにいる男どもの好感を全てかっさらってやろうという謎のモチベーションで挑みました。今日の服装もメイクも、男ってどうせこんなん好きやろ?( ・´ー・`)みたいな感じだったので変に自信あったんですよね。

 

こういう実際の対面で出会うパーティーはタップルなどと違い話が早くていいですね。ネット上だとまず写真と実際の自分のギャップに悩みますがそんな必要もなく、この素の状態の自分を気に入ってくれる人と会えます。その代わりデメリットとしては数が限られていることです。男女で合わせて20人くらいいて、女子は割と可愛い子が多いのに男子は本当に絶妙なラインが続きました。でも、すぐに感情が表情に出るでお馴染みの私は謎のモチベにより、我慢して耐えて笑顔とノリの良さをアピールしました。結果、男子10人くらいいる中から8人から「気になる」を貰えました。勝利

 

その内の1人(Sくん)がYくんみたいなカッコよさではないんですが、素朴な感じの顔で、明るい高学歴の青年で普通にタイプでした。Sくんは最初 多分 女性1番人気の小動物みたいな子が気になってたみたいなんですが、その子とカップリングは難しいと判断して本当に最後のフリータイムに「気になる」を送っていた私のもとに来てくれて、最終的に第一希望で指名してくれました。まぁ、こんな選ばれ方は悔しいんですが、逆に私もSくん以外には全く興味が湧かなかったのでSくんがいなければ今回は不作で終わっていたので良しとします。ちなみにその女の子は男性陣で1番イケメンの奴とカップリングになっていました。私はそのイケメンは好かんでした。なんか会話のキャッチボールが出来ない子だったので。噛み合わなかったな...。

 

1つ良かったことがあるとするなら、全ての男性陣に優しい対応をしておいて良かったということです。外の出口でSくんと落ち合ったとき、Sくんが友達と来ていたことを知り内心めっちゃホッとしました。Sくん以外はマジで対象外だったんですが、あれで素っ気ない対応してたら今後のSくんとの関係にも響くところでした。

 

その後で、Sくんと私、Sくんの友達とカップリングした女子、の4人でチェーンのカフェに入り1時間近く談笑しました。趣味とか考え方とかも普通に合いそうで、会話も全然苦痛じゃなかったし面白かったです。向こうは超ド級の高学歴なんですが、そんな感じもなくすごくフランクに話せました。でも、賢い。私マジで賢い人好きだ...。カップルが成立して外で落ち合うまで身長が分からなかったんですが、ヒールを履いてた私より普通に高かったです。性格も素直で嘘がつけないような良い子タイプで比べるまでもなく付き合ったらYくんよりも絶対に大切にしてくれそうな感じでした。

 

とにかくSくんの悪いところが特に見当たらないまま解散してすぐに次の約束もしました。私のことは途中まで2番目だったことも素直に言っちゃうあたり、「素直すぎるやろ」と心配になりましたが、私の勘違いでなければ私のことを可愛いと思ってくれているようでした。勝利。そういうカップル成立までの話をしていたときに、私は最初から最後までSくんが良いと思ってたよと伝えるとすごい照れていたのが可愛かったです。Sくん年上だよ。可愛い。

 

というわけで、これからYくんとSくんという2人の男性が出来て、しばらく楽しめそうです。Sくんみたいな人と付き合ったら幸せになると思っていても、YくんもYくんで諦められないので暫く同時並行でのお付き合いをしたいと思います(※どちらとも交際はしてないのでセーフ)